プラセンタ特集 - MELSMON -

プラセンタとは?

《胎盤》母体と胎児をつなぐ器官

胎盤の役割
・酸素や必要な栄養素、老廃物の交換
・ホルモン分泌、免疫付与
・細胞分化の誘導
・10か月の短期間に1個の受精卵から、約40〜60個の細胞に分化

産後の胎盤
・産後体外に排出
・排出された胎盤も豊富な屋いようと各種有効成分を多く含む
・動物は産後プラセンタを食べて体力を回復

プラセンタに含まれる豊富な栄養素

こんな方におすすめ

●免疫性疾患
●慢性疲労
●アレルギー性疾患
●肝疾患
●婦人科系疾患
●美容目的
●アンチエイジング

プラセンタの健康効果

1.更年期障害&自律神経の乱れの改善

■NGF(神経細胞増殖因子)
精神細胞が増殖し、ホルモンバランスを整える
また、血行促進、造血、疲労回復などの働きが複合して、症状を緩和

結果、更年期障害による様々な症状が改善され、自律神経のバランスも整えられ、
さらに、NGFには交感細胞を増殖させて直接自律神経を整える作用もあります
また、ホルモンバランスと自律神経を整えることで、鬱病にも効くと言われています

2.生理痛などの女性の不調の緩和

■ホルモンのバランスを安定させることで
生理痛、生理不順、PMS(生理前症候群)などの不調を改善

3.アレルギー症状を緩和する

■免疫抑制物質(免疫力を向上させる因子)
■IgEの生産を抑える(抗アレルギー作用)
結果、花粉症アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を和らげる

4.冷え性の改善

■ホルモンのバランス調整作用、自律神経調整作用
■血流を改善するアデノシンやインターロイキンによって
結果、冷え性の改善に役立ちます

5.肝機能の改善

■HGF(肝細胞増殖因子)
様々な肝障害を改善し予防し、
「強肝・解毒」という薬理作用があるため、普段からプラセンタを摂取することで、
肝臓が丈夫になり、二日酔いにもなりにくくなる

6.免疫力の向上

■成長因子(免疫力を向上させる因子)
●CSF(コロニー形成刺激因子)
 免疫担当細胞の顕粒粒、マクロファージなどの幹細胞の増殖を促す

●IL-1(インターロイキン1)
 免疫担当細胞、胸腺細胞の増殖、リンホカインの産生促進を促す

●IL-2(インターロイキン2)
 ヘルパーT細胞、キラーT細胞、サブレッサーT細胞の増殖を促す

●IL-3(インターロイキン3)
 造血幹細胞、肥満細胞の増殖を促す

●IL-4(インターロイキン4)
 B細胞の増殖、および抗体産生細胞への分化促進を促す

様々な免疫に関する各種因子の複合により、免疫力の向上が期待される

7.傷の治癒力アップ

■HGF(肝細胞増殖因子)
肝臓の細胞を増殖する働きがあるだけでなく、各臓器や皮膚、血管、神経などが傷ついた場合に、傷を負った部分の細胞増殖を促して修復・再生する機能もある
例えば、擦り傷を負った場合に、肌は時間とともに自然に治って綺麗な状態になる
この傷の治癒力はHGFのおかげで、内臓が傷ついた場合も同様です

プラセンタの美容効果

1.肌のターンオーバーを促進させる

■アミノ酸・ペプチド・核酸・ムコ多糖体
肌の新陳代謝(ターンオーバー)を促進する効果がある

■EGF(表皮細胞成長因子)
ターンオーバーを司る表皮細胞に指示を出し、表皮細胞を増殖させる

結果として、Wの効果で、シミくすみごわつきニキビなどが改善

2.肌の弾力、ハリがアップ

■EGF(表皮細胞成長因子)
ターンオーバーを司る表皮細胞に指示を出し、表皮細胞を増殖させる

■FGF(繊維芽細胞成長因子)
真皮幹細胞に指示を出し、繊維芽細胞を増殖させる

結果として、細胞レベルで新陳代謝がすすむと共に、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸・SOD等が活性化され、シワたるみなどが改善される

3.敏感肌の改善やニキビを予防

■TGF(形質転換増殖因子)
コラーゲン・エラスチンを強固にし、お肌に潤いを与えると共に抗炎症作用があり、敏感肌の改善ニキビの予防などになる

4.抗酸化作用でアンチエイジング

■ビタミンCやE、ミネラル、活性ペプチド
活性酸素を除去する

■酵素
活性酸素を防ぐSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)は年齢や環境でどんどんと減っていく
プラセンタの酵素にはSODが含まれるため、減ったSODを補充し、活性酸素をコントロールする

結果として、細胞を酸化から守り老化現象を緩やかにする

5.毛穴の開きを改善

■収れん作用
たるみ肌や毛穴の開き(開き毛穴、たるみ毛穴、帯状毛穴)を改善する

6.美白効果

■厚生省から認められた美肌効果
チロシンキナーゼという酵素を抑制することで、メラニン色素の産生を抑えてシミを作りにくくする

■抗炎症、活性酸素除去作用
メラニン色素の産生を阻止

■活性酸素除去作用
メラニン色素による皮膚の黒化現象を防ぐ

■肌のターンオーバーの促進
メラニン色素の排出を促す

7.ホルモンバランスを整えて肝斑の改善にも

■女性ホルモンのバランスを取る作用
肝斑を内側からケア

■抗炎症、抗酸化作用
外部刺激から肌を守ることで改善に役立つ

8.くすみを取る作用

■核酸を構成するアデノシン
末梢血管を拡張させ、血流を促進

■成長因子(インターロイキン)
血液の元となる造血細胞を増やす

結果、肌の血行が良くなると共に、くすみの解消につながります

植物性プラセンタ海洋性プラセンタ動物性プラセンタの違いとは?

成長因子とは!?
因子は細胞分裂を活発にし、新しい細胞が次々に生まれるようにはたらきかけ、新陳代謝をアップさせます

馬 プラセンタの特長

馬プラセンタは有効性に優れています

馬プラセンタエキスは有効成分が濃い